アディポネクチンこそが血管の若さと健康の秘密

血管をしなやかで健康に保つにはアディポネクチンと呼ばれる生理活性ホルモンが重要な役割を果たしています。

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されているホルモンで血管の傷を修復したり血圧を下げるなどの働きがあります。

しかし私たちの体の中であることが起きるとこのアディポネクチンが分泌されなくなり代わりに悪玉ホルモンが放出されるようになります。

そのあることとは体脂肪の増加です。

糖分の取り過ぎやファストフードなどの高脂肪食の食べ過ぎはカロリーがエネルギーとして消費されずに脂肪として体内に蓄積されていきます。

すると脂肪細胞に溜めこまれる脂肪がどんどん増えていき悪玉アディポサイトカインを放出し始めるのです。

この悪玉ホルモンは血管壁を傷つけてプラークができやすくなったり、血糖管理に重要なインスリンの働きを阻害してしまい生活習慣病を誘発してしまいます。

インスリンは通常は血中に放出されると筋肉や脂肪細胞の表面の受容体に取りつくことで糖の取り込み口を開き、細胞がエネルギーとして糖を利用するための橋渡役を担っています。

しかし脂肪細胞から放出された悪玉ホルモンのせいでそれが細胞の表面で受容体にインスリンが結合するのをブロックしてしまうので血中の糖が利用されずにいつまでも血中にとどまってしまいます。

すると糖が血管の細胞を壊したり、血液の粘性を高めてドロドロにしてしまうので血圧が上がってしまいます。

すると動脈硬化が進行してどんどん血管の老化が進行してしまい心血管疾患や脳血管障害の発症リスクが高まります。

なので若い頃と比べて体重が10キロ以上増えたという人は内臓脂肪が増えている可能性が高いので今すぐ減量してダイエットしましょう。

そうするこで脂肪細胞から動脈硬化の原因となる悪玉ホルモンの分泌を抑制することができるので高血圧や脂質異常症などの生活習慣病を回避することができます。

また食事も低カロリーを心がけ食べ過ぎないようにすることが大切です。

粗食にまでなる必要はありませんがある程度のカロリーコントロールは血管を健康に保つためには必要です。

たまには気の置けない仲間たちと思いっきり美味しい物を食べるためにも普段の摂生はやむをえないと思います。

何でもやり過ぎはよくありません。

いっつも食べたいだけ食べるのではなく抑えるときは抑えることが大切です。糖の吸収を抑える食べ物

食後高血糖を抑える大麦βグルカンって知ってますか?

最近糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防食材として大麦に注目が集まっています。

大麦は海外でもその健康効果が認められていて、その秘密は大麦に沢山含まれている大麦βグルカンにあります。

大麦βグルカンは水に溶けるタイプの食物繊維で、体内に吸収された糖質や脂質の吸収を穏やかにする作用があります。

そのメカニズムとしては大麦βグルカンが糖質と混ざり合うことで小腸からの糖の吸収を緩やかにして白米単体でご飯を食べるよりも麦ごはんにするほうが食後の血糖値の上昇を抑えられます。

その際、白米と大麦の割合は7:3が理想的です。

また一日の摂取基準の3グラムを食事から摂る場合には麦ごはんだと4杯も食べないといけないのでそれは流石に大変ですので、水溶性食物繊維が豊富なネバネバ野菜を一緒に摂取すると大麦βグルカンとの相乗効果で血糖値やコレステロールの数値の改善が期待できます。

たとえば昼に大麦ごはんに長芋と納豆、めかぶ、茹でたオクラそして最後に生卵を落とせばネバネバ野菜大麦丼の出来上がりです。

これなら時間がかからずさっとできるので大麦βグルカンを含めた水溶性食物繊維を一回の食事で効率的に摂取することができます。

この食事パターンを2週間続ければ健康番組のモニターさんの実験結果では悪玉コレステロールの数値が140から110前後にまで改善されていました。

水溶性食物繊維は野菜の中でも限られた食材にしかある程度の量が含まれていないので海藻やこんにゃく、寒天などの水溶性食物繊維が豊富な食材を集中的に食べることで一日に必要な水溶性食物繊維を賄うことが生活習慣病の予防にはかなり効果があります。

また食事の合間のお菓子の間食や特に寝る2時間前の炭酸飲料やコンビニスイーツのような甘いものの摂取は悪玉のLDLコレステロールを増やしてしまうのでそういった習慣がある人は少しずつ寝る前に食べるケーキやアイスなどのスイーツの量を減らすようにしましょう。

どうしても仕事が忙しかったり家事が大変だったりするとストレス解消にお菓子のドカ食いをしてしまいがちですがそれがそもそも動脈硬化の原因であるLDLコレステロールを増やしてしまう原因です。

さらに大量の糖分は細胞に使われずに余った分は肝臓によって中性脂肪に合成されるので肥満の原因となり血管の環境を悪くして動脈硬化を促進させてしまうことが分かっています。

血管壁にコレステロールがこびりつくことで内腔が狭くなり、増えすぎた中性脂肪が血液の粘性を高めてドロドロにしてしまうので血流が悪化して高血圧になりやすい体質になってしまうのです。

そうならないためにも甘いものの消費はできるだけひかえ低糖質の食生活を心掛けていきましょう。食後高血糖対策は糖の吸収を穏やかにする

血管の柔軟さが長生きの秘訣

血管のしなやかさが失われてしまい血管が傷つきやすくなると動脈硬化が始まります。

すると血管壁に侵入した酸化脂質を有害物質と判断した免疫機能が白血球の一種であるマクロファージが酸化脂質を攻撃し始めます。

そして悪玉脂質を取り込んだマクロファージはなぜか死滅してしまうのです。

するとその死骸が血管壁の内部にどんどん蓄積してしまいプラークとよばれるこぶのような塊を形成します。

なんで酸化脂質を取り込んだマクロファージが死を迎えるのかよくわかりませんがとりあえずそうなってしまうらしいのです。

このように免疫機能が裏目に出てしまう事で血管がどんどん傷つけられて脆くなっていくことが動脈硬化の怖いところです。

しかもこのプラークができた箇所というのは非常に破れやすくなってしまているためちょっとした血流の変化によってすぐに破れてしまいます。

血管壁が破れるとそこに血栓ができ傷口を塞ぎます。

しかしその塞いだ血栓が剥がれると血液中を漂い心筋梗塞や脳梗塞を発症させてしまいます。

心筋梗塞を発症してしまうと心臓の筋肉が大きなダメージを受けるので心肺機能が著しく低下してしまいます。

たとえ一旦治療が終わってもまた数年後に狭心症や不整脈、心不全といった心臓の病気を発症しやすくなるので

急性心筋梗塞のような突然死のリスクも高まり一生心臓の病気がついてまわることになります。

これが日本人が心臓病で亡くなる人が多い理由です。

またこれに関連して高血圧の生活習慣病が日本全国で4千万人いることも心臓病を罹患する患者数が増えている主な要因です。

高血圧は脂質異常症や動脈硬化が関連しているので生活習慣を改善することが必要です。

脂っこい食事の取り過ぎや塩分の取り過ぎはできるだけ控えて家庭での血圧コントロールを適切に行っていくことが血管を健康に保つための一番の秘訣です。糖の吸収を抑える飲み物をお探しなら

家庭血圧の記録から血圧が上がる要因を分析

食生活や運動不足によって血管が老化してしまうと血圧が高くなってしまいます。

脂っこい食事や肉ばかり食べている人は血中のコレステロールや中性脂肪が増えるので血管壁に酸化した脂質がべっとり蓄積したり血液がドロドロで血流がとても悪くなっていることが多いです。

すると動脈硬化が進行して血管のしなやかさが失われて行ってしまうので血管にかかる圧力が高まり高血圧になります。

また普段運動をあまりしない人は血管内皮細胞から分泌される一酸化窒素が不足している傾向にあるので血管が常に収縮して硬くなっている状態で血液循環が悪くなっています。

そのこともまた血圧が高くなる要因なので血管壁にダメージが蓄積しやすく心筋梗塞や動脈硬化の原因となるプラークや血栓ができやすくなります。

そういった場合には健診ですでに悪い数値が出ていると思いますのですぐにでも生活習慣の改善が必要です。

具体的には食事や日常にちょっとした運動や筋トレを取り入れるという他にも特に高血圧の対策として大切なのが血圧コントロールを適切にやっていくということです。

血圧はできるだけ数値が上下しない状態で一定値で推移するのが理想です。

数値に大きな変化がある場合には運動して興奮したり何かストレスがかかっているなど必ず心理的か物理的な要因があります。

つまるところ高血圧治療とはその要因を一つずつ地道に取り除いていくことにほかなりません。

そのためには家庭で血圧を測定して毎日記録を付けるのが必要不可欠になります。

家庭用の血圧計はドラッグストアや薬局で手軽に購入できるので手軽に入手することができます。

健康診断や人間ドッグで血圧高めで医師の問診で生活習慣の改善を言い渡された人はその日のうちに血圧系を測定して記録を付け始めることができます。

そういうことは思い立ったらすぐにやったほうがいいのでできればその日のうちに薬局などで血圧計を購入するようにしましょう。

仕事や家事で忙しいという場合にはアマゾンなどのネット通販でも変えるので、ユーザーレビューなどを参考にしてネットで買うのもありだと思います。

血圧計で日々の血圧の推移を記録していれば病院に掛った際に医師がそのデータを見て血圧が高い日や時間帯が一目瞭然なのでその日の食事やどんなことがあったのかなどを話すことで血圧が上がった要因を特定しやすくなります。

また降圧剤を処方する場合にも家庭血圧を見ながら量を調節したり他の種類の薬に変更する判断基準としてとても役立つのできめ細やかで柔軟な高血圧治療を受けることが出来るという大きなメリットがあります。耐糖能異常を改善する際に知っておきたい情報